なぜ頭皮は乾燥してしまうの?

なぜ頭皮は乾燥してしまうの?

★頭皮は何故乾燥してしまうのか!?
寒くなって湿度が低くなると、お肌の乾燥が気になる方も多いのではないでしょうか。
実は、顔や体の乾燥だけでなく頭皮も乾燥しています。
頭皮は皮膚が非常に薄いため、外からの刺激などに非常に弱いのです。

 

頭皮が乾燥して水分バランスが崩れてしまうと、地肌表面のバリア機能が低下してしまうために様々な刺激を受けやすくなってしまうのです。

 

乾燥による痒みの症状として

  • 頭皮が白い(血行が悪くなるために、白く見えるようになります)
  • 頭皮が突っ張った感じがする
  • 掻くと細かなフケが出る
  • 湿疹が出る

などが見られます。

 

大したことないと十分なケアを行わないと、湿疹が広がってしまったり・頭皮が堅くなった部分から栄養が行き渡らなくなり、抜け毛や薄毛の原因となることもありますので注意が必要です。
また、症状が進行してしまうとアトピー性皮膚炎に移行してしまう場合もあります。
アトピー性皮膚炎は完治までに時間が掛かり、様々な努力も必要な皮膚の病気です。
そこまで症状が進行しないためにも早期のケアが重要なのです。

 

頭皮が乾燥する原因として

  • 湿度の低下
  • シャンプーの仕方・種類
  • カラーリング・パーマ
  • ストレス
  • 食生活

なども考えられます。

 

乾燥が気になる場合には、

  • 地肌に刺激を与えない・保湿成分に優れたアミノ酸系シャンプーを使用する
  • シャンプー時にゴシゴシ洗わないようにして、しっかりと洗い流す
  • カラーリング・パーマなどは間隔をあけて行う
  • ストレス発散方法を見つける
  • バランスの良い食生活を心掛ける

など、日常的な部分からの改善も必要になってきます。

 

そのほか即効性のあるケア方法として、頭皮専用の保湿ローション・美容液・オイルなどを使用して十分な保湿を行うこともおすすめです。
乾燥による痒みが出てきた場合には、放っておかずに早めにケアをすることで頭皮の回復も早くなります。
毎日のケアで、乾燥に負けない強い頭皮を作っていきましょう。

 

体質も関係あるって本当?

頭皮に炎症が起きてかゆくなったり、痛みや赤くなるなどの症状に悩まされている方は少なくありませんが、そうした症状は体質も関係しているといわれています。
個人差の違いをこう処理て自分に合ったケアを行うことで、かゆみなどの症状を改善させることも出来るといわれていますが、頭皮にまつわる体質の差はどのような形で表れるのでしょうか。

 

皮脂の分泌量の違い

 

頭皮がかゆく、フケが大量に出るという方は、皮脂の分泌量が問題となっていることが多いです。
皮脂の分泌量が少なく、頭皮がかゆくなる場合は、頭皮が乾燥しやすくなっているため、シャンプーをした後に頭皮の水分が失われ、炎症などが起きやすい状態になっていることが多いです。

 

逆に皮脂が多く出る場合も、脂性のふけが出るようになるので、程よいバランスの皮脂の分泌量を保つことが出来れば、かゆみなどの症状も改善されるはずです。

 

アレルギーでかゆみが

 

頭皮のかゆみの原因は、アレルギー反応の可能性もあります。
アレルギーの有無は人それぞれで異なり、何の問題もない人もいれば、頭皮にアレルゲンが触れるだけでかゆみなどの症状が表れる人もいないわけではありません。

 

頭皮にのみ症状が表れる場合は、使用しているシャンプーやカラーリング剤が原因のことが多く、成分のどれかにアレルギー反応が出ていると考えられます。
アレルギーが原因の場合、治療は大変困難になるので、症状が出たら必ず皮膚科で相談するようにしましょう。

 

生活習慣で変化することも

 

皮脂の量やアレルギー反応など、頭皮のかゆさの原因は色々ありますが、時には生活習慣で頭皮のかゆさの表れ方が変化することもあります。

 

例えば脂っこいものを大量に食べ続けると、頭皮の皮脂の量が増加することがありますし、睡眠不足など体の免疫力を落とすような生活を送り続けることで、今まで問題なかった成分でもアレルギー反応が現れることもあります。

 

 

頭皮のかゆみは個人差によって強さが大きく変わります。
中には生活に支障をきたしかねないほど強いかゆみが出る方もいるので、少しでも症状を軽くするためにも、生活習慣を見直すことが大切です。
予めかゆみが出やすいことを想定して、食生活を改めたり、使用するシャンプーを考えたりと、少しの工夫でかゆみはずっと弱くなり、より生活しやすくなるでしょう。