知ってた?実は頭皮の湿疹はニキビの仲間らしい

知ってた?実は頭皮の湿疹はニキビの仲間らしい

頭皮の肌トラブルとしてよく見られる症状として、湿疹とニキビがあります。
でもこの2つ、違いは一体何?といわれてもいまいち説明できないですよね。
という訳で、今回は頭皮の湿疹とニキビの違いについて説明します。

 

一般に湿疹は、肌に起こる炎症であり、ニキビは、毛穴に起こる炎症です。
ニキビは、アクネ菌などを原因とした炎症ですが、湿疹の場合は、いくつかの原因が考えられます。

 

  • 肌に刺激物が付着するなどして、免疫反応が出ます。石鹸や洗剤、シャンプーなどが合わない、刺激になるときは、この湿疹が起こります。
  •  

  • 身近に肌に身につけるもの、金属製のアクセサリー、ゴム、化粧品などにアレルギー反応が出る人も、接触した部分に湿疹が出る事があります。
  •  

  • その上、脂漏性皮膚炎の場合も湿疹ができます。この原因は癜風菌、別名マラセチア菌という細菌が原因となっていて、アクネ菌とは違います。

 

この湿疹とニキビは原因も違うし、治療方法も異なります。

 

殆どの場合、ニキビは痛みを伴い、湿疹はかゆみをともないますが、なかには、判断の難しいときもあると思います。
そんなときは、皮膚科を受診して、顕微鏡検査を行います。診断がきちんとしてからのほうが、正しい治療法を早く試すことができます。

 

湿疹はかゆみがあるだけに、ついつい掻いてしまいがちです。
しかし、それによって、ますます雑菌の侵入が進むので、より悪化してしまいます。
かゆみ止めを貰うなど工夫し、出来る限り患部に触れないようにしましょう。
当然ニキビも、つい気になって触ってしまいますが、触るとなかなか治らなくなるので、こちらもなるべく触れないように注意しましょう。

 

もちろん頭皮を清潔に保って、シャンプーなどもやさしくしてあげましょう。
余分な皮脂を溜めることは、細菌の栄養、餌を残すことになりますから、自分の肌質にあった物を使って、きちんと汚れをとり、頭皮の新陳代謝を活性化し、皮膚の炎症やトラブルを早めに治療できるような生活習慣を送ってください。